1. 株式会社イシザキ
  2. バルブを学ぶ

バルブを学ぶ

  • バルブの点検・メンテナンス(整備)の重要性

    どのような機器・設備でもメンテナンスは欠かせませんが、設備の中で重要な役割を担い、過酷な環境で使用されることも多いバルブは、こまめに状態をチェックして適切なケアを行い、故障を防ぐことが大切です。少しでも長く快適にバルブをお使いいただくために、点検・メンテナンスのポイントをご紹介します。

  • バルブの固着はなぜ起きる? ―― 原因、対処法と予防法

     しばらく使用していなかった設備、いざ動かそうと思ったらバルブが開かない…。そんな経験はないでしょうか。バルブの故障事例で多く見られる「固着」は、一度発生してしまうと対処に手間取ることから、なるべく避けたいトラブルの1つです。ここでは、その主な原因と対処法、予防法をご紹介します。

  • バルブとは何か ー その役割、種類と構造

    「バルブ」と聞くと、どんなものを思い浮かべるでしょうか。身近なところでは、水道の蛇口やガスの元栓もバルブの一種です。そのほか、普段は気づかない多くのところでバルブは活躍しています。バルブとはどんな役割を担うものなのか、また、どんな種類があり、それぞれどのような構造なのか。身近なようで意外と知らないバルブについて、あらためて考えてみます。

  • 地上設置型フートバルブがメンテナンスの不満をすべて解消できる理由

    吸い上げポンプとセットで用いられるフートバルブは、配管の末端にあり、常に水没した状態にあるのが当然と考えられてきました。その長年の常識を覆したのが株式会社イシザキの地上設置型フートバルブ。それまで水中にあったために生じていた、さまざまなメンテナンスの不満を一気に解消しました。ここではその理由を探っていきます。