お客様の声

■チャッキバルブ

山間部に送水する高圧ポンプでスイングチャッキによるWH発生!高圧仕様スモレンスキを採用することで解消!

設置現場写真

上下水道局 様

水道の普及率97.6%に達し、私たちの健康で文化的な生活を支えるライフラインとして水道は不可欠な施設となっています。
しかし、人口減少社会に突入し、給水人口や給水量の減少に伴う料金収入が減少することが見込まれ、高度経済成長期に拡張した水道施設の老朽化対策や、東日本大震災を踏まえた施設耐震化等の危機管理対策にかかる費用の増大により、水道事業経営を取り巻く環境は大変厳しいものとなっています。
このような状況に対応するため、50年、100年先の将来にわたって、「安心」で「強靭」な水道を「持続」的に経営していくために、課題や取り組むべき方策、関係者の役割分担等について示されています。

設置場所:その他

配管種類:給水

【課題】

上水道では、皆さんの生活用水の為に、上水を供給しております。平地の陸地以外にも、山間部などの標高の高い所へも上水を送っています。
今回の現場では、200M近くにある貯水槽に圧送をしていますが、ポンプが停止した際に、設置しているスイングチャッキから大きなウォーターハンマーと振動が発生していました。
振動によって、ポンプが壊れてしまう可能性がある事と、非常に大きな音が発生している為、近隣住民からの苦情が入っている状況でした。
ポンプをウォーターハンマー対策のフライホイールにするにも、費用が掛かる為他に対策が無いか困っていました。

【ソリューション】

スモレンスキチャッキバルブは、スプリングを内蔵したウォーターハンマー防止型の逆止弁です。弁閉動作時に背圧の影響を受けるスイングチャッキとは異なり、スモレンスキチャッキバルブは、入口側と出口側が同じ力のときにはスプリングが入っている出口側の力の方が勝り、弁閉します。同圧の時には閉まることができる自閉能力を持った逆止弁ですので、背圧の影響を受けて急閉鎖を起こすことはありません。
高圧仕様は20K~63Kまでラインナップが御座います。

ウォーターハンマー防止型スモレンスキチャッキSMS

現場担当者様

ご担当者様から>>

スイングチャッキからスモレンスキチャッキに交換をしただけで、それまで起きていた激しい衝撃音は消えました。あまりに静かなので本当にスモレンスキチャッキがポンプ停止時に閉じているのか心配になる位でした。
ウォーターハンマーの振動もそうですが、今回の現場は住宅地に近く、ポンプ停止の度に異常音が発生するので、近隣住民から苦情が入っている所も有りました。
今回採用することで、振動や音の心配が全くなくなり本当に助かりました。今後高圧現場は必ずスモレンスキを採用したいと思います。

お客さまの条件にあったチャッキバルブを探す

お客さまの条件にあったフートバルブを探す