スモレンスキ革新と信頼の歩み

安心と信頼のブランド、スモレンスキ その革新の歩み

1935年4
初代会長石崎秀雄が東京都港区三田において石崎製作所を創業。
1951年2
チャッキバルブを製造開始。
1952年9
フラッシュ弁を製造開始。
1953年3
チャッキバルブの特許を取得。
1969年10
茨城工場を建設。
2002年6
面間縮める製法で特許を出願。
2007年1
月刊情報誌「スモレンだより」発刊。
2010年8
セル生産方式の導入によりカスタマイズ品の翌日出荷を開始。
2010年10
中間フートバルブを改良した「フート仕様」発売。
2012年1
フート仕様の国内特許を出願。
2012年5
グランドフートバルブSGの国内特許を出願。
2013年2
フート仕様のPCT 国際特許を出願。
2013年4
低損失型グランドフートバルブSG発売。
2013年5
グランドフートバルブSGのPC国際特許を出願。

「日本の水環境を支えていくために、私たちの努力と革新に終わりはありません」

スモレンスキの一つひとつの製品は、茨城工場のスタッフによる手作業と厳しい確認作業を経て送り出されます。工場のスタッフは、「日本の水環境を支える」という誇りと使命感、お客さまの期待に絶対に応えるという熱い職人魂を胸に、日々努力し、モノづくりに励んでおります。この思いと努力がスモレンスキの革新と信頼の歴史を支えてきたと言えます。
"スモレンスキ"-これからも日本の水環境を支え、皆さまのお役立ちのために-

お客さまの条件にあったチャッキバルブ/フートバルブを探す

お客さまの条件にあったチャッキバルブ/フートバルブを探す